今度は郡山

2015.05.16.00:13

4月のいい顔笑顔人形劇の会東日本大震災チャリティー公演の報告がおくれてごめんなさい。
実は、私たちは、新作に挑戦したのですが、かなり反省点の多い結果になってしまいました。今までも、昔取ったきねづか頼りの、私たちは、ずいぶん、危なっかしいこともあったのですが、なんとか、度胸と勢いで、お客様を味方に乗り切ってきました。今回は、ちょっと、技術的に挑戦したこともあって、失敗をアドリブでかわす余裕もなく、かなりあたふたしてしまいました。
この作品は、大事にしたいので、練り直して、リベンジしたいと思います。

ほかの参加団体の皆さんはすばらしかった!
腹話術「ねずみのチュー吉」さんは、人間と人形の息ぴったり(!?)の漫才。子どもたちの笑い声が響きます。
「ハッピーメロディー」さんは、パネルシアターとバルーンショー。バルーンの規模がでかい!宇宙のスケールを感じました。
顔なじみの「ポランの広場」さんは、今回も、シュールな昔話を。こどもがあまりにこわい展開に、「まさかの?」とつぶやき。「そうです、そのまさかなんです。」あー、こわかった!
「紙人形劇団ダンプに乗ったクマ座」さんのときは、準備に入っていたので、モニターで見せてもらいましたが、子どもたちも舞台に上がっての大賑わい。
津軽三味線にのっての「たたじゅん企画」さんは出番前だったので、幕後ろできいていただけだったのですが、三味線にのって、岩手弁のあったかい語りで、声をきいているだけで、わくわく。でも、舞台を観たかったなあ。
「人形劇団おまけのおまけ」さんは、楽しいパネルシアター。お二人の個性がすてき。
そして、最後は、アート企画陽だまりの高坂諭さんにより、みちのくの民話。ひとつめの「春のかまり」は、ほわっとゆるみ、
ふたつめの「へびの目玉」へ。これが、衝撃でした。昔話なので、残酷とも思える場面もあるのですが、そのときの母の気持ち、子の気持ちが、びんびん響いて、なみだが出てしまいました。

幕間に、この人形劇の会の事務局 幸田さんが話された、今も続く被災地の苦しみ悲しみと重なり、どれほどの親子が、こうして、こころを残しながら引き裂かれたか、いや今も、引き裂かれているかと、想像しました。

それぞれの職場でも、子どもたちの笑顔が少しでも増えるように活動している私たちですが、もう一度、自分たちに何ができるか、なにが足りないか、限られた時間とエネルギーの中、どうやって活動していくか、いろいろと考えさせられた一日でした。

さて、来週は、「いい顔笑顔 人形劇の会」でもおなじみ、人形芝居 燕屋さんと一緒に、郡山の保育園を訪問します。
実は、燕屋さんは、HITOHADAメンバーこっとの中学の同級生。HITOHADAを始めて以来、いつか、ご一緒したいなと思っていましたが、やっとかないます。
楽しみ楽しみ!

more...

あきらちゃんとコロッケくんとショウタイム

2015.03.21.20:48

 お茶大にて、久々のショウタイム。
今回は、仙台からビックゲストあきらちゃんとコロッケくんが来てくれました。
HITOHADA紹介とHITOHADAの歌に続いて、早速あきらちゃんコロッケくんの登場です。
まずは「はなれないふたり」大きなてぶくろがふっとんだとき、大爆笑しながら子どもたちがかけていって拾ってくれたのがかわいかったなあ。
そして、あの「伝説のシシカバブー」。

20150321-1.jpg

実は私たちが仙台に行ったとき、仙台の夜の道端で、あべコロさんにでんじゅされていたのでした。
くりこふぁんたぐりこの生徒の学生さんたちが呼ばれて前へ。一緒に「しし!かば!ぶう!」
最初はやや恥ずかしそうだった学生たちも、振り切れてるHITOHADAメンバーやあきらちゃんのアドバイスで、切れっきれの「シシカバブー」を見せてくれました。
「ハッピハッピバースデー」では、○月生まれのお友達、とひと月ごとに前に呼ばれみんなで「おめでとうー!」いくつになっても、みんなにおめでとうって言ってもらえるのはうれしいものですね。
そして「ペンギンのプール体操」では、よりちゃんが、会場の飾り&子どもたちへのプレゼントに作ってくれたおりがみのペンギンちゃんも登場。一緒に体操しました。
HITOHADAタイムでは、よりちゃんの「ヤダットちゃん」いつものように、みんなヤダヤダヤダヤダの大合唱です。
そして、ヘレオンと「ねずみと風船」。あきらちゃんたちのばっちりの音響のキーボードを弾かせてもらいました。
休憩の後は、ブラブラシアター。「ええフライパン?」「ありさんおっこちた!」とみんな大騒ぎ。思わず一緒にブラブラ揺れてしまいます。

20150321-4.jpg


続いては、お父さんたちが前に呼ばれて「しあわせ気分」。のりのいいお父さんたちの力強いダンスに子どもたちも大喜び。
最後は「ラーメン体操」。なんとマイどんぶり持参のリピーターがいてびっくり。全員で、にぎやかにラーメン体操をして汗だくでお開きとなりました。
20150321-3.jpg

more...

関町保育園でショウタイムまた

2014.12.10.14:22

メンバーくりこのご縁で、今年も練馬区の関町保育園にお招きいただきました。
今年も、メンバーカコのおつれあいオッチが、車を出してくれました。そして、オッチは、「カエルと牛」の牛として、HITOHADAデビュー。「おれ、今日、牛やってくれからさあ。」といってお仕事を休んでくれました。「牛休暇がとれるお仕事すてき!
おなじみ、靴下劇場「へれおん」にはじまり、リズム遊び「ネズミの前歯」からの「ねずみと風船」。
そして、カコの新作「こぶた街道をゆく」は子どもたちもぶうぶう、どこどこ とうたってくれました。
続いて「やさいのおはなし」では、今日も、「トマトすき!」「「なすのぼうしにあう!」とたくさんお話してくれました。
ユッコの新作「ポンちゃんポコちゃん」は、いろんなアレンジができそうなペープサートです。
幼児さんとの距離が近かったので今日の「やまんば」は怖さ控えめおもしろめで演じました。
「どんちゃんまあちゃん」のかくれんぼでは、「そっちじゃないよ」「いちにいさんしい!」と応援たくさん。オッチの牛はみんなをびっくりさせ、大ガエルは笑われていました。
暮れのひとときを、子どもたちのにぎやかな笑い声とすごし、ほっこりして、それぞれ、午後のしごとに向かいました。

ショウタイムWITHじゅうべえ

2014.03.23.19:23

HITOHADA日和のいいお天気の中、我らがじゅうべえ こと 黒須和清さんと一緒のショウタイムを開きました。今日は、お茶大の中の、初めての会議室で。
HITOHADAの歌に続いて早速、じゅうべえの「春蟹床」。洗濯バサミや紙皿など、身近なものが、楽しい動物たちに変身です。チョッキンチョッキンチョッキンナと、切りすぎちゃうカニのとこやさん。こわーいライオンさんのたてがみも切りすぎちゃって、さあたいへん。

201403231.jpg 201403236.jpg

お次は、よりちゃんのパネルシアター「ねこのおいしゃさん」。ネコ先生の治療は、会場の皆さんもごいっしょに、カメハメ波ポーズで「ニャー!!」っと一発。いろいろと、痛そうな苦しそうな動物たちがやってきて、すっきりして帰っていきます。そして、最後には、そうきたかという、ほっこりなお話。
再びじゅうべえショー。ちょっと「和」な「ひつじのももちゃん」がおべんとうをつくります。できあがったお弁当はお花見に持っていきたいような春のいろどりもやさしいおべんとう!続いて、「鬼のケーキやさん」じゅうべえが、つのと、まゆげを、装着して、りりしい鬼に変身。ズンチャズンチャと、かわいいケーキを次々作ります。♪だ~け~ど~、いつも、よけいなものをつけちゃうオニのケーキ屋さん、ケーキの完成にみんな、お~!っと感心。よけいなものがついいちゃうと、あららわははと笑いがこぼれます。
201403232.jpg 201403235.jpg


1部最後は、HITOHADA名物、皆さんご一緒におどりまくる「おひさまになりたい」、息つく暇もなく、「ラーメン体操」。ひとあせかいて、おなかもこなれたところで、じゅうべえの「みんなのみかたのお料理教室」子どもたちが苦手なにんじんも、おねぎも「まほうのスパイスふりかけて ちゃっちゃっちゃっ」あっというまに、おいしいごちそうが、次々できあがります。そして、じゅうべえマラソンは続いて「ウルトラスーパーローリングコースター」。動物村の動物ランドのジェットコースターは、あんまりはやく回りすぎて大変なことが起こります。パンダさんもにじいろうさぎさんも「くるくるくるくるくる…」あらら、たいへん。みんなびっくりしてそれから大笑い。そして休憩。
2部は、おなじみ、パネルシアター「やさいのおはなし」。今日は、小さいお客様が少なかったけど、「なす!」とか、「りんごだ!りんごってくだものじゃない?」といっぱいお話してくれました。野菜つながりで、「にんじんだいこんごぼう」。30年前に、学生だった私たちが演じていたものを、30年たった私たちが、子どもたちの前で演じながら、少しずつリニューアルしたもの。じゅうべえ師匠が、どう見るか、ディレクターでもあるこっとは、いつもよりすこし緊張気味。でも、やさいくんたちが登場すると、にんじん君のりくつっぽさも、だいこんちゃんのラブリーさも、ごぼうさんのてきとーさも、一段とさえわたり、のりのりでいっきに進みました。たねもしかけもある変身なんだけど、野菜たちの変身のたびにお客さんたちからどよめきがおこりました。
そして、またまたじゅうべえの「くろねこのケーキ屋さん」先輩をこきつかうHITOHADA後輩たちです。ねこのケーキ屋さんが、「こねてこねて」「まいてまいて」と作るケーキの数々に、「たべた~い」と泣きそうになっちゃう子もいました。どのケーキもできてびっくり、おなじみのキャラクターに。うすうす出来上がりが想像つくおとなたちも、今は、どの部分を作っているんだろうと興味深々でした。そして、アンコールにこたえて「千と千尋の神隠し」これが、魚焼き網のかなでる!?あの名曲「いつもなんどでも」にのって、雑貨から、どんどんキャラクターたちが生まれていきます。風呂敷づつみがまさか、あの人にあるとは!大拍手の中で終了。
13961843450.png 201403233.jpg


最後はみんなで、私たちのサブテーマでもある「にじ」を手話付きで大合唱して、中身たっぷりおなかもいっぱいなショウタイムを終えました。じゅうべえの技と芸が惜しみなく披露されている本も、販売されました。これからあちこちで、「ずずっちゃ~ちゃ」とか、「まいてまいて」と、雑貨たちが変身していくことでしょう。なお、われらがじゅうべえは、この日の本の売り上げも、全額HITOHADAに寄付してくれました。後輩と被災地のためにひとはだふたはだみはだも脱いでくれたじゅうべえ、ありがとう。
じゅうべえの芸と技への熱い思いと後輩への温かい応援に刺激を受け、自分たちにできることを、息長くやっていこうと誓いつつこの夜も更けていくのでした。
13961843690.png

関町保育園でショウタイム

2013.12.12.10:24

夢パークの興奮も寄る年波による疲れもさめやらぬ12月12日木曜日、練馬区の関町保育園に行ってきました。
園の保護者の方とメンバーくりこのご縁です。
今回は、カコのおつれあいが、車で協力してくれました。駅までのピストンありがとう!

さてさて、年長さんのお部屋に、乳幼児さんも集まって開演。
ここでも、どんちゃんまあちゃんのかくれんぼ、でんしゃごっこはたくさん笑い声をよんでいました。
乳児さんとの距離が近い今日は、やまんばは、少し、こわさ控えめで。無事、「ごちそうさま!」までいったときには、固まっていた空気が、ああよかった、ほっ、とゆるむのがわかりました。
やさいのおはなしでは、みんな、「ぴーまん!あたし、すき!」とかあたまもじゃもじ君に「じゃがいもじゃない」「はくさいだよ」とかたくさんお話してくれました。
にんじんだいこんごぼうの終了後、今度は、年長さんたちが、私たちに、クリスマスのうたと合奏をひろうしてくれました。私たちも大好きな歌なので、いっしょに盛り上がりました。


終了後は、八王子まで仕事に急ぐメンバーもいて、急いで解散。半日でも、メンバーと園の予定がうまくあって、平日に公演できてよかったです。また来てねって言われてほっこりと、仕事に向かいました。
プロフィール

HITOHADAプロジェクト

Author:HITOHADAプロジェクト
震災後
子どもたちに笑顔を届けるために「一肌ぬごう」
子どもたちに「人肌のぬくもり」をと、立ち上げた
HITOHADAプロジェクトの活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR