第1回えがおはじけてショウタイム in 新宿

2011.04.23.18:29

HITOHADAプロジェクト企画vol.1
場所 新宿武蔵野ビル地下会議室
「えがおはじけて ショウタイム!」が、ひらかれました。
新宿のファッショナブルなビルの地下におりていくと、そこは、まるで、縁日の芝居小屋のような異次元空間。普段は会社の会議室なのですが、客席とミニステージ、そして、チャリティーバザーの絵本や、木のパズル、トンボ玉のアクセサリーが並べられています。
子どもたちは、まえのシートにすわったりねそべったり。おとなたちは、いすにぎゅうぎゅう。
ぐりこの靴下ショウ、「もうようちえん」の一人人形劇、ばぶさんのかみしばいと語り、ゆっこの絵本よみきかせキッシーさんのペープサートが続きます。
目を見張ったり、大笑いしたりする子どもたちに、おとなたちもにこにこ。
プーク人形劇場でひらかれた「いい顔笑顔人形劇の会チャリティ東京公演」参加の劇団なかよし「春のなかよし」も再演です。私たちの学生時代人形劇のサークルの定番演目「なかよし」は、もともと、即興かけあいで人形劇の技術をみがく作品です。それを生かして、今も同じ職場のくりこふぁんたの絶妙なかけあいに、ちゃんこのカエリーが、からみます。6年生のけんたろう(ふぁんた息子)は、歌や、リコーダーで参加しました。
小さな会でしたが、HITOHADAの大きな第一歩。はやくも次回を待ってるよという声も聞こえました。(こっと)

プロフィール

HITOHADAプロジェクト

Author:HITOHADAプロジェクト
震災後
子どもたちに笑顔を届けるために「一肌ぬごう」
子どもたちに「人肌のぬくもり」をと、立ち上げた
HITOHADAプロジェクトの活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR