また福島でショウタイム

2012.10.28.20:25

121028-1s.jpg 20121028-2.jpg

20121028-3s.jpg 20121028-4s.jpg
20121028-5s.jpg
 

 
福島で、今年2回目の公演です。今回も、先月と同じ、福島市保護者連合会のみなさんに呼んでいただきました。
場所は、福島市内のさくら保育園。

今回も、もはや、HITOHADA仙台支部長とも勝手に呼びたい、われらが「あべコロッケさん」と一緒です。一緒ですというか、おんぶにだっこで、すっかり安心してて、3日前まで放置!!心配したあべさんが、「あの、日曜日、ありますよね」とメールするほど。なんて失礼な私たち。チャットかと思われるような怒涛のメール打ち合わせがあるときもあれば、今回は、前回と大体流れ一緒でいいよねと、ぎりぎりまで連絡せず。まったく申し訳ない。

メールで連絡はしてなったけど、けこみ(人形劇の舞台)を改造したり、「にんじんだいこんごぼう」の歌をA案で行くかB案で行くかとか悩んだり、地道に、準備はしていましたが、日常の忙しさで、連絡せず、あべさん、ほんとごめんなさい。

そんな感じで迎えた当日でしたが、三脚2台に金具でアルミ棒を組み合わせた新型けこみによって、前回より、設営の時間が大幅に節約できたためか、前回より、リハに時間をかけることができ、余裕で、本番を迎えることができました。

さてさて、小雨も降ってきた開演時間でしたが、たくさんの方が親子できてくれました。

「HITOHADAの仲間たち」のうたでスタート。あべさんもギターで入ってくれます。
ちゃんこから教えてもらったリズム遊び「ねずみのまえば」。子どもたちのクスクス笑う声が聞こえてきます。
「だいこんにんじんごぼう」は、HITOHADAが誇る精鋭ダンスコンビ、くりことぐりこによるダンスから始まります。いきなり、なんじゃあ、この世界は、と、みんながぽか~んしています。ふりつけに昭和の香りがするとのうわさはおいといて。
続いては、語り劇「たべられたやまんば」。しょっちゅうやってるようだけど、5月以来だったのでちょっと緊張。でも、始まったら、もう、3人とも、体が覚えてて、それぞれのびのびできました。小さい子もいたけど、泣かれなくてよかった。
おなじみ「秋のなかよし」では、またどんちゃんが数を数えるのを手伝ってくれました。

さて、お待ちかね、第2部コロッケタイムです。
「ゆびがへび」で、開始1分から、子どもたちは大興奮。お母さんたちも大笑い。
そして、あべさんがウクレレを手に取ると、前回もだけど、子どもたちは、ちっちゃいギターとびっくりするみたいで、くちぐちに「ちっちゃい」あべさん「ぼくが?」子どもたち「木がちいちゃい」あべさん「きがちいちゃい?」と、どんどん、子どもたちの声を拾っていきます。
「しあわせきぶん」では、おとうさんたちが前へ呼ばれます。練習をしたわけでもないのに、息もぴったり。威厳のある声と、「いいきぶん~」のところのにっこりのギャップもくっきりで、みなさん、演技賞もの。子どもたちも大喜び。

「じてんしゃにのって」では、HITOHADAメンバーが一人一人呼ばれて、加わります。最後に新幹線も登場。
ラーメン体操をみんな立って踊り、肌寒い外が嘘のように、すごい熱気に包まれました。
最後に、また、HITOHADAの旗に絵や言葉を書いてもらって、記念撮影。
ペンシルバルーンのお土産を渡して解散しました。
実は、このペンシルバルーンのわんちゃんや、うさぎちゃんを使って、1曲踊る予定だったんだけど、時間が無くなって本番ではカット。
また秋のうたなので、また来年のお楽しみです。

大澤ファミリーに送ってもらう車の中でも、興奮冷めやらぬ、大澤家の子どもたちと、バス停みつけごっこ。「あ、バス停みっけ」「またみっけ」「じゃあ、これで2バス停だね」「10バス停になったらお祝いしよう」「うん、はっぴーばすていだね!!」
「この車とお母さんの車でコロッケさんの車をはさんでるね」「おお、コロッケサンドだ」「あ、へんなレタス車はいってきた」「あ、レタスまがった、またコロッケサンドだ」とか、おおにぎわい。
のりのいいこどもたちと、のりのいいおとなたちだと、いくらでも、つづけらせそう。
さて、大澤ファミリーところっけさんといっしょに夕食。またまた失礼な私たちは、運転手の大澤パパ、ころっけさんをさしおいて、乾杯しちゃったのでした。

紹介した写真は、大澤さんの撮影です。大澤さんからのメールに、お子さんたちが、あの日の劇の中のうたや、あべさんとの遊び歌を、おうちで歌っていると。
また、きっと行くからね!
20121028-6s.jpg

いい顔笑顔人形劇のブログに

2012.10.07.20:21

9月29日の仙台公演の様子を、メンバーふぁんたが、「いい顔笑顔人形劇の会」のブログに報告しています。
見てね。

雑居まつりでショウタイム

2012.10.07.10:17

朝、あいにくの雨模様だったけど、上がる予報なので、雑居まつりは予定通り開催。
雨の中で、人形劇はできないので、「たまりば」の焼き鳥の呼び込みをしたり、「にじ」を歌ったりして、雨の止むのを待ちました。
やっと雨が上がったお昼すぎ開演。ちゃんこのパネルシアターはどこでも人気。
雲の形をあてる「雲のお話」では、どうして、おとなにわからないのに、こどもたちにはわかるんだろう!
おばけ~というところでは、きゃ~って絶対盛り上がります。
ぐりこの靴下芸「へれおん」では、観ていた3歳ぐらいの子が自分の靴下を脱いで手にはめ、「へれおんのお友達登場」になりました。「へれおん」はあちこちでやってたけど、初めて。かわいかった~!おうちに帰ってからも「へれおん」劇場やってくれるかなあ。
リズム遊び「おーちたおちた」では、雨がふったらどうする?かささす!雷が落ちたら?おへそかくす~
ここまでは、いつもの会話なんだけど、雪が降ったら?と聞くと、一人の子が、「雪は痛くないからなんにもしなくて大丈夫!」と両手を「ちがうちがう」とふる。結局、ほかの子の声で、雪がっせんのポーズにしたけど、かわいかったなあ。
逆光だったり、横のメインステージの大音響の中、観てくれた皆さんありがとう!


去年も、このおまつりを見に来てくれたメンバーの友だちが、フリースペースの別のスタッフの古い友達で、交流が再開したらしい。今年も、ブログを見て見に来てくれた友達が、別の団体で出ているひとと友だちで、お互いに「なんで、あなたここにいるの~?」ってびっくりしてた。
わたしの高校時代の親友も、雑居でばったりあって、それから毎年、今年も会えたね~ってハイタッチ。


いのちが大事、子どもが大事って、活動してると、あちこちつながってくるもんだな~。

プロフィール

HITOHADAプロジェクト

Author:HITOHADAプロジェクト
震災後
子どもたちに笑顔を届けるために「一肌ぬごう」
子どもたちに「人肌のぬくもり」をと、立ち上げた
HITOHADAプロジェクトの活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR